4-1-2 四分位数と箱ひげ図(問題集)

1.次のデータの範囲、四分位範囲、四分位偏差を求めなさい。

(1)\(4,4,5,7,7,7,9,10,12,13,13,14\)

(2)\(6,8,10,11,12,13,14,16,18,19,21,22\)

(3)\(21,29,32,36,38,40,49,53,55,68,80\)

(4)\(25,31,39,42,45,46,50,53,54,65,80\)

2.次のデータは\(10\)人の生徒に\(100\)点満点の\(A,B,C\)のテストを行った結果である。

\(A:68,35,86,63,30,91,50,63,46,58\)
\(B:75,65,90,78,52,88,70,75,59,82\)
\(C:63,60,73,75,58,79,68,70,66,80\)

(1)これらのデータの箱ひげ図をかきなさい。

A B C 0 50 100

(2)データの散らばりの度合いが大きいのはどのテストか答えなさい。

3.次のデータは\(300\)人の生徒に\(100\)点満点の\(A,B,C,D\)のテストを行った結果の箱ひげ図である。

A B C D 0 50 100

(1)\(80\)点以上の生徒が半数以上いたのはどのテストか答えなさい。

(2)\(40\)点以下の生徒がいて、その数が\(75\)人未満だったのはどのテストか答えなさい。

4.次のデータは各社従業員の年収を調べたものである。

\(・A\)社
\(490,470,540,520,500,480,\)
\(490,550,460,470,530\)

\(・B\)社
\(390,350,370,360,680,\)
\(900,400,350,700\)

\(・C\)社
\(510,400,430,630,520,\)
\(450,420,580,540,520\)

\(・D\)社
\(400,600,360,420,520,350,\)
\(700,400,480,570,380\)

(1)各社のデータの範囲を求めなさい。

(2)各社のデータの四分位数を求めなさい。

(3)各社のデータの四分位範囲、四分位偏差を求めなさい。

(4)各社のデータの箱ひげ図をかきなさい。

A B C D 0 500 1000

5.次のデータは各社従業員の年収を調べたものである。

\(・E\)社
\(350,400,410,470,500,\)
\(520,530,550,600,1500\)

\(・F\)社
\(370,380,400,430,450,\)
\(450,500,520,1000\)

(1)各社のデータの範囲を求めなさい。

(2)各社のデータの四分位数を求めなさい。

(3)各社のデータの四分位範囲、四分位偏差を求めなさい。

(4)各社のデータの外れ値を求めなさい。

(5)各社のデータの箱ひげ図をかきなさい。

E F 0 500 1000 1500

メニュー
1章 数と式

1-1 整式

1-2 数

1-3 一次不等式

1-4 集合と命題

2章 二次関数

2-1 関数とグラフ

2-2 二次関数の最大・最小

2-3 二次関数と方程式

2-4 二次関数と不等式

3章 図形と計量

3-1 鋭角の三角比

3-2 鈍角の三角比

3-3 正弦定理と余弦定理

3-4 図形の計量

4章 データの分析

4-1 統計資料の整理

1章 数と式

1-1 整式

1-2 数

1-3 一次不等式

1-4 集合と命題

2章 二次関数

2-1 関数とグラフ

2-2 二次関数の最大・最小

2-3 二次関数と方程式

2-4 二次関数と不等式

3章 図形と計量

3-1 鋭角の三角比

3-2 鈍角の三角比

3-3 正弦定理と余弦定理

3-4 図形の計量

4章 データの分析

4-1 統計資料の整理

当サイトに一言
このサイトは個人で作成しており、閲覧者からのコメントを元にサイトの改善、精度を上げていきたいと考えています。
質問・問題のミス・改善要望、問い合わせがあればご連絡ください。

名前[必須]

メールアドレス[必須](メールアドレスが公開されることはありません。)

コメント