2-1-1 倍数と約数(問題集)

1.次の問いに答えなさい。

(1)\(6\)の正の倍数を小さいほうから\(5\)つ答えなさい。

(2)\(8\)の約数を全て答えなさい。

2.\(a,b\)は整数とする。次の証明をしなさい。

(1)\(a,b\)が\(5\)の倍数ならば、\(a+b\)は\(5\)の倍数である。

(2)\(a,a+b\)が\(5\)の倍数ならば、\(b\)は\(5\)の倍数である。

(3)\(a,b\)が\(5\)の倍数ならば、\(2a-3b\)は\(5\)の倍数である。

3.次の数の正の約数を全て求めなさい。

(1)\(60\)

(2)\(117\)

4.次の数を満たす整数\(x,y\)の組\((x,y)\)を全て求めなさい。

(1)\(xy=4\)

(2)\(xy=-7\)

(3)\(xy+2x=3\)

(4)\(xy-5x-y=0\)

(5)\(xy+4x+y=5\)

5.\(7\)個の自然数\(1234,2345,3456,4567,5678,6789,7890\)について、次の条件を満たすものを全て答えなさい。

(1)\(2\)の倍数

(2)\(3\)の倍数

(3)\(4\)の倍数

(4)\(5\)の倍数

(5)\(6\)の倍数

(6)\(9\)の倍数

メニュー
1章 場合の数と確率

1-1 場合の数

1-2 確率

2章 整数の性質

2-1 整数の性質

2-2 ユークリッド互除法

2-3 整数の性質の活用

3章 図形の性質

3-1 三角形の性質

3-2 円の性質

3-3 作図

3-4 空間図形

1章 場合の数と確率

1-1 場合の数

1-2 確率

2章 整数の性質

2-1 整数の性質

2-2 ユークリッド互除法

2-3 整数の性質の活用

3章 図形の性質

3-1 三角形の性質

3-2 円の性質

3-3 作図

3-4 空間図形

当サイトに一言
このサイトは個人で作成しており、閲覧者からのコメントを元にサイトの改善、精度を上げていきたいと考えています。
質問・問題のミス・改善要望、問い合わせがあればご連絡ください。

名前[必須]

メールアドレス[必須](メールアドレスが公開されることはありません。)

コメント