2-1-3 最小公倍数と最大公約数(要点)

最小公倍数と最大公約数

【最小公倍数】

全ての素因数の指数のうち最大のものをかけ合わせる。
\(\ \ 40=2^3\times\ \ \times5\)
\(300=2^2\times3\times5^2\)
\(\ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ 2^3\times3\times5^2=600\)

【最大公約数】

共通する因数の指数のうち最小のものをかけ合わせる。
\(\ \ 40=2^3\times\ \ \times5\)
\(300=2^2\times3\times5^2\)
\(\ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ 2^2\times\ \ \times5=20\)


【例題】次の数の最小公倍数と最大公約数を求めなさい。

(1)\(24,90\)

(2)\(60,72\)

(3)\(24,90,126\)


【例題】\(n\)と\(42\)の最小公倍数が\(84\)であるような\(n\)を全て求めなさい。\(n\)は自然数とする。

互いに素

【互いに素】

最大公約数が\(1\)である\(2\)つの整数を互いに素であるという。
\(a,b,c\)は整数で、\(a,b\)が互いに素であるとき、次のことが成り立つ。
(1)\(ac\)が\(b\)の倍数であるとき、\(c\)は\(b\)の倍数である。
(2)\(a\)の倍数であり、\(b\)の倍数でもある整数は、\(ab\)の倍数である。


【例題】\(a+5\)は\(2\)の倍数であり、\(a+6\)は\(5\)の倍数であるとき、\(a+11\)は\(10\)の倍数であることを証明しなさい。ただし、\(a\)を自然数とする。

最大公倍数と最小公約数の性質

【最大公倍数と最小公約数の性質】

自然数\(a,b\)の最大公約数を\(g\)、最小公倍数を\(l\)とし、\(a=ga',b=gb'\)とするとき、次のことが成り立つ。
(1)\(a',b'\)は互いに素である。
(2)\(l=ga'b'\)
(3)\(ab=gl\)


【例題】最大公約数が\(12\)、最小公倍数が\(72\)である\(2\)つの自然数\(a,b\)の組を全て求めなさい。ただし、\(a< b\)とする。

メニュー
1章 場合の数と確率

1-1 場合の数

1-2 確率

2章 整数の性質

2-1 整数の性質

2-2 ユークリッド互除法

2-3 整数の性質の活用

3章 図形の性質

3-1 三角形の性質

3-2 円の性質

3-3 作図

3-4 空間図形

1章 場合の数と確率

1-1 場合の数

1-2 確率

2章 整数の性質

2-1 整数の性質

2-2 ユークリッド互除法

2-3 整数の性質の活用

3章 図形の性質

3-1 三角形の性質

3-2 円の性質

3-3 作図

3-4 空間図形

当サイトに一言
このサイトは個人で作成しており、閲覧者からのコメントを元にサイトの改善、精度を上げていきたいと考えています。
質問・問題のミス・改善要望、問い合わせがあればご連絡ください。

名前[必須]

メールアドレス[必須](メールアドレスが公開されることはありません。)

コメント